2017年1月26日木曜日

四季の雨

管理人です。
今年の冬は例年になく寒いと感じます。今までが暖かすぎたのでしょうねきっ
と。

このような現象を気象用語では「ラニーニャ現象」と呼ぶそうですよ。
ラーニャ現象とは

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より低くなり、その状態が1年程度続く現象です。逆に、同じ海域で海面水温が平年より高い状態が続く現象はエルニーニョ現象と呼ばれ、それぞれ数年おきに発生します。ひとたびラニーニャ現象やエルニーニョ現象が発生すると、日本を含め世界中で異常な天候が起こると考えられています。

と、気象庁の解説記事にありました。今年の冬は今世紀最大の寒波のようです。

さて、本日は教会の兄弟姉妹から投稿がありましたので紹介させていただきま
す。気象つながりですよ\(^O^)/
(※ 以下を読みたい方は、この下の『続きを読む』をクリックして下さい)

四季の雨 

寒い日が続いていますね。雪や雨が降ったときは、より一層、寒さが身にしみ
る今日このごろです。

「四季の雨」という歌をご存知でしょうか。1914年(大正3年)に発表された文部省唱
歌です。歌詞は次のとおりです。

降るとも見えじ春の雨
水に輪をかく波なくば
けぶるとばかり思わせて
降るとも見えじ春の雨

俄かに過ぐる夏の雨
物干し竿に白露を
名残りとしばし走らせて
俄かに過ぐる夏の雨

おりおりそそぐ秋の雨
木の葉木の実を野に山に
色様々に染めなして
おりおりそそぐ秋の雨

聞くだに寒き冬の雨
窓の小笹にさやさやと
更行く夜半をおとずれて
聞くだに寒き冬の雨

何とも美しく、かつ四季の情景が目に浮かぶ素晴らしい歌詞だと思います。旋
律もシンプルで良いです。

私は、出かける予定があるときの雨は、うっとうしく感じることが多かったの
ですが、この歌を知ってからは、そうでもなくなった気がします。

四季の移り変わりは雨の中にも見えるものなのですね。神さまの御手のわざを
改めて思い、感謝いたします。

(下の画像をクリックすると、You Tube から、四季の雨を聞くことができます)
 冬の雨
冬の雨




0 件のコメント:

コメントを投稿