2017年1月29日日曜日

横綱

「わたしの父は今に至るまで働きつづけておられる。だから、わたしも働いているのだ。」
(新約聖書 ヨハネの福音書 5章17節)【私訳】

管理人です。
今日は主の聖日。自分の業を休んで主に向かう安息日。主の御言葉に感謝します。

さて本日も兄弟姉妹からの投稿をご紹介します。


横綱

横綱「稀勢の里」が誕生した。
日本人力士としては三代目「若乃花」以来、実に19年ぶりという。

これだけ相撲界もグローバルになってきたら、日本人にこだわらなくてもと思うが、だからこそ、国技故にこそこだわるのかも知れない。

「力士」というのは「ちからびと」と称し、今のモンゴルの辺りで生まれたそうである。

日本人横綱不在の間、角界を名実共に引っ張ってきたのは主にモンゴル出身の力士たちである。

遠い異国に来て、慣れない風習と言語の壁を克服して、ここまで昇りつめて来た、その力・業は勿論のこと、言葉も驚くほど巧みに操(あやつ)るその努力に頭が下がる。

日本人横綱誕生を喜ぶと共に、外国出身の力士の存在に、我々一般の者も、マスコミの人たちも大いに感謝の意を表したいものだ。
京都迎賓館

京都迎賓館 大広間縁側

0 件のコメント:

コメントを投稿