2017年1月27日金曜日

自由主義

下記をクリックすると、礼拝メッセージ要約が読めます

2017.01.22(日)主日礼拝メッセージ要約(週報)


今日も寒いですが、天候もよく、すがすがしいですね。
気分に左右されてはいけないんでしょうが、それでも人はその日の天気によって物事のとらえ方・考え方まで違ってきますよね。

だから私は思うのです。

「神様、あなたによって世界をリードする使命を負っている人物が大きな決断を成す時には、主よ、どうか良い天気の中で決断できるように取り計らってください」

と。

さて、本日も教会の兄弟姉妹から投稿がありました。ご紹介します。


☆ ☆ ☆ 自由主義 ☆ ☆ ☆

『自由主義というものは

大多数の人々とは考えも、感じ方もおよそ違う人たちが
それでもなお生きて行ける様に場所を空けておくこと。

しかも、自分を制限し、犠牲にしてまでもそうすること。

この至上の寛容さが自由主義の要(かなめ)である。』

という、この一文を読んで、何と高邁(こうまい)な思想であろうか、と改めてその難しさを思った。

難民を排斥したり、自国中心主義に陥ってゆく世界を嘆いているしかないのかと自嘲(じちょう)しているのみのこの頃
暗闇の中にも光が

0 件のコメント:

コメントを投稿